OEM製造

OEMとは、、、?

オリジナル・イクイップメント・マニファクチュアリング(original Equipment Manufacturing)、あるいはオリジナル・イクイップメント・マニファクチュアラー(Original Equipment Manufacturer)の略で、製造メーカーが他社ブランドの製品を製造するという事です。

OEMで良くある悩み

製造ロットが多い

一般的にプロテインのOEMは、製造ロットが4,000kg程になります。最近では少なくても1,000kgから出来るところもありますが、実際どれくらいの数量は売れるか解らない状態で注文しなくてはいけないのは、かなりのリスクが伴います。

コストが合わない

現在インターネット等で販売している通販業者は、店頭販売と比べると経費がかからない上、量販店へのマージンが無く低価格で販売が可能となり、価格競争になった場合は勝算がない。

当社のOEMであれば、そんなデメリット全て解消!

小ロット対応

低コスト

高品質

当社はプロテイン以外にも様々な小ロット案件を受注しておりますので150kg程度からの受注が可能となります。

原料問屋様から直接仕入れ、自社工場で製造するため、どこよりも低コストでオリジナル商品を作れます。

複数社の原料問屋様とお取引をさせていただいておりますので、一つの原料だけでも原産地など拘り抜いた配合をすることが出来ます。

当社は、食品添加物の製造販売をしてきました。食品添加物は、お菓子やパンなどあらゆる食品の加工や保存の目的で食品に添加されるもので、食品に使用する量がかなり少ないのです。
例えば、お菓子を作る際に小麦粉を100g使用する場合、添加物のベーキングパウダーは5g程度の使用量になります。
必然的に少ないロットでの製造のノウハウが身についております。

コストに関しては、元々食品原料を問屋経由して、食品メーカーやサプリメントメーカーへ卸しており、価格競争になった場合も負けない営業力があります。
販売しても価格競争で負けない。それを自社で使用すれば、かなりの価格メリットが生じてきます。

OEMの流れ

OEM実績

某大手スポーツ用品メーカー

プロテインメーカー

スポーツショップ

OEM以外でも気になることがございましたら、何でもご相談ください。