アミノ酸、スポーツサプリメント

BCAA

BCAAとは、Branched-Chain Amino Acidsの頭文字からとった略称で、日本語では分岐鎖アミノ酸と呼ばれます。3つのアミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンがこのBCAAです。タンパク質は胃腸内で分解されペプチド〜アミノ酸と変化し、アミノ酸の状態で吸収されていきます。

グルタミン

通常、グルタミンは体内の筋肉や血液中に多く蓄積されていますが、激しい運動やトレーニングをすると、体内では筋肉組織が破壊されています。そのため、筋肉を修復しようと体内に蓄積していたグルタミンをエネルギー源として使うため、たくさんのグルタミンが消費されてしまいます。 この時グルタミンが十分に存在しないと、本来は筋肉を作るためのグルタミンがエネルギーの代用として使われ、筋肉を維持できなくなってしまいます。

クレアチン

クレアチンは、タンパク質の一種で、もともと人のカラダの中にある成分です。アルギニン・メチオニン・グリシンの3種類のアミノ酸が組み合わさり、腎臓、肝臓、膵臓で作られます。そのほとんどが、骨格筋(骨格についている筋肉で、筋肉全体の40%ほどを占める)に存在しています。 クレアチンを摂取すると、筋肉のなかでエネルギーになり、大きな負荷の筋力トレーニングや、持久力を上げる運動などをする時に役に立ちます。

マルトデキストリン

炭水化物を摂取することにより、余分な炭水化物はインスリンによって肝臓や筋肉に運ばれ、グリコーゲンになり、貯蔵され、トレーニング中のエネルギー源になります。 炭水化物であるマルトデキストリンを積極的に摂取する事は、トレーニング中のパフォーマンス維持や、筋肉量増加に重要です。

HMBパウダー

BCAAのひとつである「ロイシン」から体内で合成されるHMBは、もともと生体内にある物質です。ヒト有効性データが豊富で、筋重量の増加や筋肉の損傷抑制効果があると言われており、米国ではメジャーなサプリメントとされています。
HMBは、高齢者のサルコペニアにも効果があるということが研究結果でも明らかになっています。